HappyWavesの釣ったり飲んだり

ブログトップ

2006年 10月 22日 ( 1 )

お贅沢リレー ショウサイ⇒マダイ

今週も沖に出てまいりました。大原松鶴丸さん、大きな船で大好きな船宿さんです。
午前中はキャスティング日本橋店長しみぞうプレゼンツ!仕立船のショウサイフグ、午後は乗り合いで真鯛のリールしゃくり!なんともお贅沢だわ~♪
べた凪の予想に反して、海は大シケ(涙)。あの大原特有の波長の長い変なうねりがばんばん来ます。船酔い知らずのアタシもなんだか心配になって酔い止めをKayoppiさんに頂いて飲みました。いやぁ、キャビンの中にいても体がはねちゃいそうなくらいのシケ。。

ポイントまでは結構走って、1時間ぐらい掛かった。薬を飲んで寝ていた私が目覚めたらもう外は薄明るくなってた。
いつもの東京湾のフグとは違い25号の重めの仕掛けをのせるために、ロッドはダイワの極鋭カワハギ。冬場の深場の湾フグのときにも愛用中。結構いい思いさせてもらっちゃってる愛竿のひとつ。

食わせの針はなしでカットウだけ。カットウは11センチと23センチの2本。長さをずらしてカットウを付けます。今回の釣り場は底が砂地なので、根掛かりも気にならず♪

朝のうちは、アタリをとって釣る感じでなかなか手ごわく、アタリを出すために、冬場の湾フグのように結構誘いを掛けました。ぽろぽろつ抜けまで粘る。
しっかし、眠い~~。
日が高くなってきて、アタシと隣で釣っていた三茶の銀狼は爆釣モードに!!

f0079152_1723321.jpg

銀狼!ちびふぐダブル!


f0079152_1723961.jpg

ちいさい子達中心だったけど、それなりに楽しめました。

気がつけば50匹以上釣って終了~。

しかし、ミヨシに居たアタシは向かってくるうねりで撥ねる船底の衝撃をひたすら吸収していた為に、この時点でかなりへろへろ。一緒に行ったかっちゃんと銀狼はここで終了して帰路でした。おつかれちゃん♪

午後は待ちに待ったシャクリ真鯛、あわよくば鯛ラバ☆ラバーズキスなのだっ。(なんか違いますかね?)

午後になって、うねりは少し収まってきた。だけど、本当に毎回大原の港を出るときのあのうねり???っていうかなんだか凄い揺れには驚かされる。毎回、怖い。。


再度出発して、釣り場までKayoppiさんとご主人さまとしみぞうと歓談しながら向かった。ご主人様、おなかが痛くなるほど笑わせてくださりありがとうございました。私も思わず、身近な○○を探してしまいそうです、笑。今度注意してみておきますね、笑。

ここのところ、真鯛は調子がいいらしいと聞いて、仕掛け結ぶ手にも気合が入る。
私は鯛ラバ用のソルティストと、テンヤ用のベイゲームの2本を準備して臨んだ。
真鯛なんて何年ぶりだろう。初めての釣り。久々の真鯛。

期待で胸いっぱいのひと流し目。いきなりアタシの竿にアタリ。ドラグ調節前にあたっちゃうんだもん。焦ってドラグに手を伸ばしてリーリングをとめた瞬間にバラシ。。
合わせも甘かったみたい。

その後、気を取り直して流し続けると、次に上がってきたのはガンゾウヒラメ。
根掛かりと戦いながら、また次の流しでアタリ。

今度は正真正銘の真鯛のアタリ。今度は親の敵のように追い合わせを入れた。
ライトタックル、1.0号のPEでのやりとりってたまんない!上がってきたのは800gぐらいの魚体だったけど、気持ちは大鯛上げた気分。はじめての釣りであげた1枚って本当にうれしい。きれいなブルーのアイシャドウをしてました。本当に釣り上げたばかりのマダイって宝石みたいにきれい。

f0079152_11293341.jpg

その後、Kayoppiさんやご主人。「あーたに釣られて俺が釣らないとみんなに何言われるかわかんねーからマジで釣る」と気合の入っていたしみぞうも上げて、みんな仲良く納竿。

小さいマダイちゃんや、ホウボウ。ウマヅラハギ、しみぞうに至ってはマダコやアカメフグなど、多彩なゲストも釣れて本当に満足な釣行でした。

帰りの車中ではぐっすり寝ちゃった。12時間以上大原のうねりに揺られてぐったり。
ずっと乗馬してるようなもんだもんね。なんだかげっそりしてるけど。でも、来週は木曜に仕立てでフグ。土曜はマダラだもんね。


でもって、今日はまな板の上のマダイ♪
f0079152_1729429.jpg

[PR]
by sunammy | 2006-10-22 17:24 | ショウサイフグ