HappyWavesの釣ったり飲んだり

ブログトップ

シイラ上手は合コン上手?

My first シイラは87.5センチの合コンコラボでGETした殿方!
超楽しかったよ!

f0079152_21384981.jpg


つーか、こんな釣りあるんだぁって感じ。目からウロコ。

今日はオヤスミを取って、小田原の亀蔵丸までシイラゲームに行ってきた。
自分でもどうしてシイラに行こうと思ったかっていうと、正直よくわからない、笑。
でも、なんだか、面白そうだったのだわ。
タチウオのジギングとかには独学で行ったりしてるけど、ソルトルアーのキャスティングゲームはなんと初。スピニングリールなんて、中学生以来でございます。
ぶっちゃけ、投げられるか不安だもんで、今日はケンがコーチをしてくれました。
フルサポートでございます、苦笑。久々に、ロッドもリールもなしでの釣行っす。

アタシはいつの頃からか、釣りだけ左利きなんですわ。
というか、昔から重いものを持つのは左、細かい作業は右って感じだった。
要するに、アタシの左手はリールも巻けないくらいのぶきっちょだ。
海小物は全て右巻きリールだし、渓流竿も左で持つし、
だもんで、左でリールを巻くのはやっぱ無理で、スピニングも右巻きにしてもらった。
左手でロッドを持って、右で巻くスタイルなり。
途中、左巻きリールを使うオケージョンがあったんだけど、
本当に笑っちゃうけど、右でロッドをまわして、リーリングした、苦笑。
だって、できないんだもん。

でもねぇ、やっぱキャストするのは大変でしたよ。
指を離すタイミングがなかなかつかめなくて、天麩羅あげまくりでした。最初の数時間。
で、見かねたケンがロジカルに説明してくれたおかげで、
少しずつ、なんとか投げられるようになってきた。
竿の反動で前に投げるっていうのをイメージすると、なんか少しわかってきた。
腕の稼動範囲は90度でいいんだね。ちゃんとかはわかんないけど、
とりあえず、なんとなく飛距離が出てきた。

朝6時に出船して、午前中10時ぐらいまではサバやカツオの鳥山が沢山立っていて、
そこを目指して一生懸命ルアーを投げると、サバちゃんが釣れる。
ジグを落とすと入れ掛かりになって、もう凄いことになってた。
カツオのナブラは凄く足が速くて、結局カツオは釣れなかったけど、
ぷりぷりのサバちゃんは50リッターのクーラーに一杯釣れちゃった。

しかし、肝心のデコスケは全然みあたらない。大体、シイラは大きな流れ藻や流木なんかについているんだけど、相模湾から出て太平洋まで行ってもなかなか見当たらない。流木も、流れ藻も。。したがって、シイラの影は、偶然にアタシのミノーを追っていたらしい小さな子を除いては影も見当たらなかった。しかも、アタシは見切られる瞬間まで、奴の存在にすら気がついていなかったし、、、涙。

今日はキャスの常連さんとケンとアタシの5人の仕立て船だったたんだけど、
その船には正直「今日はだめちゃうか?釣れる気がしなくね?」って空気が充満してた、苦笑。
アタシに至っては、なんとなくまったりしちゃって、心なしか左手の握力が無くなってきちゃった感じで、ちょっとビールなんか飲んでお休憩しちゃってた。

もうすぐ正午を回ろうかというとき、なんか、潮目に小さな流れ藻がずずーっと断続的に続いているところがあって、ケンがポッパーを投げていて、ほかのみんなはミノーを投げ続けてたら、1人にメーターオーバーのシイラが掛かった。
ケンがポッパーを投げていたのは、アピール度の強いルアーを引くと、シイラがひょこひょこ出てきて、それは食えなくても、周りのミノーに食ったりするらしい。ポッパーは浮力が強いから、シイラも食べにくいんだって。
要するに、ポッパーは合コンにおける仕込みのちょっと無理目のかわいこちゃんみたいな役回りだ、笑。(この表現正しくね?ケン先生!)
なんか、それでスイッチはいっちゃった。魚の活性より、釣手の活性が完全に上がってた。だって、シイラは水面下1mくらいのとこを、ローテンションでどんより泳いでんだけど、釣り手のボルテージは確実に上がっちゃって、アタシに至っては、今までの数倍飛距離は出るし、投げたい場所に投げられるようになるし、もっとも、天麩羅気味ではあったんだけども。
シイラは、ツレナイ感じで船の周りを回遊するし、こっちはもう、シイラがどこに居るのか。モグラたたきみたいで、正直言って思った。

なんだ、この釣り、、こんな釣りがあるんだ、、、爆笑。

だって、もう、シイラを探して、一生懸命キャストして、で、ちょっとルアーを追われて、
いい気になって、見切られてやきもきして。この釣り、恋の駆け引きみたいよ。

でも、熱くなる人が多い理由もわかった。この釣り、恋愛ゲームなんだね。

で、頑張ってたんだけど、アタシのルアーは彼らをひきつけるけど、掛からない。そこで、また、例のかわい子ちゃん登場。

ケンがちょっと無理目なかわい子ちゃん役で十分にひきつけて、しかも、小悪魔な彼女はシイラの殿方を2回もアタックさせながら、冷たくあしらった。そこにいい具合でおとずれた、癒し系の女の子=アタシのミノーで殿は手を打ったのである。(女としては、無理目に行って欲しいものである、笑。)
だけど、そんなことはお構いなしに、釣り人の悲しいサガで、思いっきり合わせを入れてるアタシが居た。。。ほんとは、フグみたいに抜いちゃおうと思ったんだけど、ケン先生にたしなめられた。

癒し系で手を打ったときには、殿方はすでに疲れ果てていて、癒し系の思うがまま。
やっぱ、最後に勝ち組になるのは癒し系女なんだよな。。。。

アタシのfirstシイラは、アタシとfightすることもせず、大人しくネットに入ったのでした。ケンとの合コンコラボで見事GET!87.5センチの殿方でした。

f0079152_21405162.jpg


でもねぇ、この釣りなんだか面白いよ。笑いがこみ上げてくる感じ。
人間の本能が出るよね。
また行きたい。行って、小悪魔になってみたい、笑。

最後に、ケンはストレスを発散するように婦女子をとりこんでました。
Special thanks to KEN!
あと、アタシにアドバンテージを下さった、皆様に心からの感謝。

今日は本当に美味しいお酒を飲んでいます。
一人なのが、ちとさびしいけど。

釣りって、何年やっても、新しい喜びがある。
今日は少しだけ、成長した自分にも。少しだけ、頑張ったねの一言。
チームプレイな釣りも初の経験だった。

今日もアタシの頭の芯を痺れさせてくれて、ありがとう。
[PR]
by sunammy | 2006-08-01 21:45 | デコスケ