HappyWavesの釣ったり飲んだり

ブログトップ

同性にはモテモテ

久々に2週連続の沖なのであった。

先週はお仲間とフグ。なんといっても今期初カットウだった。
そして昨日はメバカサに行ってきた。

まずは先週のフグから。

数年前のアタシは何かに取り付かれたようにフグのことばっかり考えてた。まるでふぐ毒に犯されてるみたいに。なんとなく、その時期はようやく越えた気はするんだけど。。。

でも、今年はなんだかなぁ。年明けにポンポンっと胴付フグにいったっきり、なかなか行く機会がなかったからって、6月の終わりまでいけないなんて、我ながらどうよ?って感じ。
だからこそ、今回のお仲間の仕立て船は本当にうれしかった。ホンビノス兄さんありがとうです。

今回の釣行は「楽しさ重視」な釣行で、釣果は2の次だったけど、フグ釣り2回目のA子嬢やI崎氏、雨男も含めて、みんな釣果には満足できたみたい。特にA子嬢に至ってはあわや竿頭ってな勢いで釣ってた。アタシはといえば、いまいち調子が出ないまま最後まで行っちゃったけど、でもまぁ、今時期のフグは40cmクラスも混じるほど型もいいし、なんて言っても白子がパンパンに入っている。アタシがいつも釣っている東京湾のショウサイフグは、身にも微妙に毒を持っている。勿論、普通に食べている分には全く害は無いんだけど、いっぺんに1キロとか食べたらちょっと問題が起こることもあるらしい。だけど、白子だけは全くの無毒とされているのだ。フグの白子っていうのは、料亭とかで食べたら物凄い高級品だし、だからこの時期、フグ釣り師たちは夢中になってフグを追う。
実際には、身自体の味は白子が入っている頃よりも真冬から春先に掛けてのほうが美味しいと思う。でも、白子のうまさは格別なのだ。
しかし、散々白子の話をした後で告白すると、アタシはほとんどこの時期白子にありついたことはない。なぜなら釣れる魚は「メス」ばかりだからだ。女の子に好かれてるのか?男の子に嫌われちゃうのか?実はこの時期だけでなく、アタシは通年「メス」フグばっかり釣ってる。アジを釣ってもメスが多いし、なんでだかわかんないけど、明らかにそういう傾向がある。自分でなんとなく思いつく原因はあるにはあるんだけど、どなたかこの原因を解明していただける方いらっしゃいませんか?

ま、そんな疑問はのこりつつも、、その日もI崎夫妻と我が家でフグを肴に酒宴を開いた。

大き目のフグちゃんはぶつ切りにしてフライに。

f0079152_381358.jpg


一応お刺身も。

f0079152_384366.jpg


I崎氏が釣った、ラッキー☆外道のアジはたたきに。

f0079152_393325.jpg


お世話になった丸長丸でお土産に頂いたアサリの「一部」は酒蒸しに。

f0079152_31134.jpg


ちなみに残りのアサリちゃんはまだ冷蔵庫で元気はつらつ、笑。
[PR]
by sunammy | 2006-07-02 03:12 | ショウサイフグ