HappyWavesの釣ったり飲んだり

ブログトップ

大雨の大原にて燃えるヒラメつりだったのだ。

3月26日(日)大原港 松鶴丸にて 
キャスティング日本橋釣りツアー ヒラメ釣り

想定外の大雨で幕を開けた今回のツアー。そう、東京地方の皆様は気がついていないと思うんですが、外房は大雨だったんす。もう、なんか土砂降りって奴。三月の雨とかっていう降りぢゃなかった。
雨が降るなんて全く考えてなかったので、アタシは防水のゴアテックス製上着は持参せずに、思いっきり雨をはじかない装備で行っちゃってた。松鶴丸さんの船に日差しがついていなかったら、もう釣りする気にもならなかったと思う。

大原は外房の中でもうねりに特徴があって、船酔い知らずの“ネジの外れた”アタシが唯一酔い止めを飲んで挑む釣り場なんだけど、今日は悪天候の割にうねりは無かった。とにかく雨だけが敵って感じだった。

不安な気持ちではあったけど、日が昇り7時を回った頃、大艫に釣座を構えるヒラメ初めての勝田ね~さんにアタリがあり、大型のホウボウGood sizeのヒラメを立て続けに釣り上げた!いつも船酔いに泣かされている勝田ね~さんが釣り上げてくれたことでアタシも心底うれしかった。!
初ヒラメおめでとう!勝田さん!
いつもは出来るだけ手軽に釣れるお魚をターゲットとしているキャスティングツアーだけど、今回のヒラメ釣行はギャンブル度の高い釣りに初めてチャレンジしたから、正直坊主は覚悟(釣れなくてもしょうがないの意味)だっただけに、よかった!店長のしみぞうもほっとしたと思う。
さて、その後もなかなか釣れない状態が続いたが、9時半を回った頃、雨が上がって空が明るくなってきたのとほぼ同時に、餌のセグロイワシが取られるようになってきた。その時のタナが13mと浅かったことも有り、雨の後の日差しが良いように魚の活性を上げたのかも。。とにかく釣れる予感がした。人間だって、雨の日よりも天気のいい日の方がご飯美味しいもんね。

再投入するとすぐに餌のイワシが暴れだした。これは近くに捕食者(ヒラメなど)が居て、イワシが逃げ惑っている証である。Don't bite me!! HELP! って、何で英語なのかわかんないけどイワシの心境を代弁してみたとしても、つくづく残酷な釣りであることに何ら変わりはないのであるが、これが又たまらない!苦笑。ドMのアタシの中に隠されたSの部分がうずくのか???暫く逃げ惑うイワシの反応を竿から来る振動で感じていたが、ふと反応が無くなり、竿先に重みを感じた。このタイミングで竿をきき上げる(様子を伺う様にゆっくり上げる)と待っていたヒラメの重さが伝わってきた。しっかりアワセてからゆっくりとリールを巻くと上がってきたのは1キロ以上の肉厚のヒラメちゃんだった。
その後も今の釣れ釣れタイムを逃すまい!と、手早く投入し、合計で4枚のヒラメを釣り上げることが出来た。
適当に釣れると、飽きてしまうのがアタシの悪い癖である。「1グラムでも軽いタックルで釣りたい病」が発症し、今までの通常タックル(錘80号)から、こっそりライトタックル(錘25号)に変更して終了までの小一時間やってみたが、こちらは不発にて終了、残念。

写真は沖上がり後に、船長さんに「血抜き」をされちゃって、豪快な刺し傷を負ったヒラメちゃんのアップ。死しても尚、目玉がキュート。

f0079152_2052763.jpg

帰宅後、久々の長竿で疲れたのかお風呂から出たとたんに爆睡。22時ごろ起きてヒラメちゃんを捌いてお刺身にして頂きました。フグも良いけどヒラメもやっぱ美味。
写真は包丁が切れなくなってきてて、いまいち美しくないお刺身。
f0079152_206819.jpg


今年はもうヒラメシーズン終了だけど、来シーズンは大物に挑戦したい、ライトタックルでも釣りたい!ジグでも釣りたい!と、欲望は尽きないのであった。
今日のアタシのヒラメタックル
メインタックル
ロッド:Daiwa Fire Duke 310S
リール:しみぞうから借りたABU 中型両軸に新素材4号
*このリールとは本当に相性がいいのだ!THNXしみぞう!
錘  :80号

ライトタックルロッド:Daiwa リーディングXA64-190 TypeⅡ
リール:Daiwa アルファス103 PE1号にリーダーフロロ5号1.5m
錘  :25号
[PR]
by sunammy | 2006-03-27 20:59 | ヒラメ