HappyWavesの釣ったり飲んだり

ブログトップ

京都其の四・・・鴨川ちどりで千鳥足

ぜんぜん詳しくないのではあるが、食器、特に古い食器とか、白地に青い手書きの模様がついている感じの食器に目が無い。

何焼きとかそういうことはぜんぜん知らない。ちょっと勉強中。でも、現在のお気に入り写真を2点ほど撮ってみた。

f0079152_12365990.jpg

f0079152_12372880.jpg

左の写真はこの間の京都で購入。そんなに古いものではないと思う。
思い切りのいい図柄が気に入って購入。凄く使いやすいので、あと4枚くらい欲しいと思っているけど、でもきっともう買えないと思う。こういう食器って気に入ったときに思いきって買わないと2度と出会えないことが多い。

そして右の器。豪快に煮物なんかをてんこ盛りにするときに使用していますが、これは一昨年の夏に飛騨高山に行ったときに購入したもの。
そしてここにおかしな縁が隠されているのであった。

この器を購入した理由は、勿論外側のモダンな柄にもヤラレタけど、一番気に入った点は中に描かれている「なんだかわからない生き物」にびびっときた点だ。

f0079152_12494459.jpg

今思うと自分でも「これは鳥だろう」と思うのであるが、何を間違えたのか「カワハギ」だと思ったのだった。この器に自分で釣ったカワハギの煮付けを盛りたい。と思って買った。でも、かわはぎぢゃ無いって事は高山のあと、京都に行ったときに発覚した。そう、あの生き物が先斗町の料理屋さんの軒先に沢山ぶら下がっていた。
そう、この生き物「チドリ」だった。あとで知ったことだが、チドリにも色々あるようで、足の本数とかによっても違うらしい。だから正確にはアタシの持っているチドリが鴨川ちどり(先斗町のシンボルマーク)かどうかはわからない。
でも、少なくともカワハギではないことははっきりした。

いいんだか悪いんだか。

でも、アタシとこの器はそんなきっかけで出会ったのである。
そして今でも見ているだけでアタシを幸せにしてくれていることにかわりは無いのぢゃ。
[PR]
by sunammy | 2006-03-05 13:11 | 京都